Press "Enter" to skip to content

夏は要注意!虫刺されがあっても脱毛できるの?

虫刺されでも脱毛は受けられる

夏になると虫がたくさん出てくるようになりますよね。そうすると気になるのが虫刺されです。脱毛サロンや医療機関で脱毛をしてもらうとき、虫刺されがあっても脱毛を受けることができるのでしょうか。結論から言うと、基本的には受けることが可能です。光脱毛やレーザー脱毛は黒いメラニン色素に反応するため、虫刺されで赤くなっても受けることができます。ただし、虫刺されの箇所は保護用のテープを貼ったり照射を避けたりすることになるため、その部分だけ脱毛できなくなるので注意が必要です。

毒性のある虫には要注意

虫に刺されるというと大抵の場合は蚊やダニがほとんどでしょう。しかし中にはスズメバチやムカデに刺されたり噛まれたりすることもあります。スズメバチやムカデのような強い毒性を持っている虫に攻撃された場合は、脱毛の施術を受けるのは避けた方が良いでしょう。呼吸困難や意識障害を引き起こすアナフィラキシーショックが起こることもあり、その状態で脱毛を受けるのは危険です。脱毛の前日や当日に刺された場合には、応急処置をしてから病院で診てもらうことを優先しましょう。

日頃から虫刺されを予防しよう

安心して脱毛を受けるには、虫刺されを予防しておくことが大事です。蚊やダニに刺された場合でも、かゆいからとかきすぎると赤みや腫れが広がり、その分だけ施術できる範囲が狭くなってしまいます。なるべく日頃から虫よけ対策をしておきましょう。また、脱毛サロンへ向かう途中で虫に刺される可能性もあります。しかし虫よけスプレーを体につけてしまうとその部分の脱毛ができなくなってしまいます。その場合には衣服につけるタイプの虫よけシールなどを活用するといいでしょう。もしも刺された場合にも、かかないように我慢して赤みが広がらないようにしてください。保冷材を利用したり、冷たい飲料の入った缶やペットボトルをあてたりして冷やすと、一時的にかゆみが引きますよ。

全身脱毛だと全身のムダ毛の脱毛ができます。気になる部位だけ集中的に脱毛すると他の部位のムダ毛が気になってくるので、この方法は大変有効的です。