Press "Enter" to skip to content

わきがは体質ではない、こんな生活が悪化させている

油ものの多い食生活をしていませんか

ハンバーガーやポテトなど、最近の日本人の食生活は欧米化をしています。その象徴に海外からのファストフード店がどんどん日本に進出しています。どれもこれも味が美味しくてやめられない。そんなあなたはわきがを悪化させているかもしれません。油ものを食べれば、体の皮脂が酸化をしてしまいます。酸化してしまった皮脂は臭いがあるので、わきがの人は余計に臭いが強くなってしまう可能性があります。なるべく野菜を中心としたヘルシーな食生活をしましょう。

臭いが気になってついつい体を強く擦ってしまう人

臭いが気になってしまって、脇を何度も何度もごしごし強く擦ってしまうひとは、臭いを逆に悪化させています。皮膚は強い刺激を受けますと、防御本能が働き、例えば油っぽい肌を気にして何度もごしごし擦ると余計に油を肌が出してしまうので、逆効果なのです。臭いを抑えるソープがあるので、ふわふわに泡たてて優しく刺激をしないように体を洗うのがおすすめです。また洗いすぎも逆効果なので、1日一回程度にとどめることがベストです。

イライラして自律神経が乱れている人

最近寝不足だったり、ストレスを感じている人。自律神経が乱れてもわきがにはなります。自律神経は体温を整えたり体内時計を正常に保ったり、体の中であらゆる作業をします。自律神経が乱れますと汗の機能も乱れますので、臭いが悪化してしまう場合があります。ストレスをなるべく貯めないように、アロマの香りをかいでみたり、湯船にゆっくりと浸かってみたり、ストレッチをするなど、自分にあったリフレッシュ方法を探してみて下さい。

子供のわきがは成人と同様に特定の汗腺から出る分泌液が原因です。子供の場合は患部の汚れをこまめに拭き取って清潔な状態を保つのが一般的な対処になるので、保護者は日頃から衛生管理に気を配る必要があります。