Press "Enter" to skip to content

永久脱毛にどこまでの達成率や状態を望むか

永久脱毛の定義とは?

永久脱毛ってとてもいい響きですね。すべて解決とか、ユートピアとか、そんなイメージを醸し出すことばです。ただ、永久脱毛は、文字通り、永久に毛が生えてこなくなることではありません。脱毛先進国であり、レーザー脱毛発祥の地であるアメリカでは、永久脱毛を、施術ひと月後に生えてきた毛が2割以下の状態と定義しています。ひと月?2割?と驚く人もいるかもしれませんが、毛の再生能力はそれは高いものなので、これだけでも達成できたら大したものなのです。

再生しても、弱弱しい毛に

現在、永久脱毛の主流となっているのはレーザー脱毛です。施術後に生えてくる毛もありますが、それは弱弱しく、細いことが多いと言われます。生えてきたとしてもその程度なら、まあ許容範囲と考える人は多いのではないでしょうか。無毛状態まで徹底して求める人は少ないように感じます。毛が生えていても、それが薄くて細かったら、レーザー脱毛は考えなかったかもしれません。施術後に2割生えてきたって、それが弱弱しく細い毛になっていたらそれでいいって人は多そうです。

永久と言っても数年かも

レーザーで永久脱毛しても、数年後に生えてくることはあります。でも、翌日に生えてくる毛と、際限ないような格闘を続けてきたわけですから、数年なんて夢のようだと感じる人もいるでしょう。もちろん、永久に生えてこないこともあるでしょう。ただ、それは個人差のあることで、生まれつき体毛が薄い人がいるのと同様、レーザー脱毛の効果の現われ方も、効果の持続期間もまちまちです。でも、日々の自己処理から解放されて、肌を休ませることができるのは明らかでしょう。

永久脱毛を東京で依頼するには、患者へのきめ細やかなサービスが導入されているクリニックにお世話になることが良いでしょう。