Press "Enter" to skip to content

永久脱毛の長期コース契約で尻込みするケース

低価格なら敷居は低いが

永久脱毛をかなえる医療レーザー脱毛は、扱う医療機関も増え、競争が激しくなって、利用者には装置刷新とか、価格低下などのメリットがもたらされています。ただ、依然としてコース契約っていうのが多いんですよね。初めに5回とか9回とかの回数を決めて、その分までの契約を結んでからの開始となる。でも、医療脱毛はクーリングオフ制度の適用外なので、解約ができないから、まだ始めてもいないのに長期契約って難しいんですよ。

都度払いにしたほうが

どこも長期契約制になっている中で、都度払いも可能な医療機関が現れたら、人気になりそうですけどね。毛周期も、レーザー照射による効果の現れ方にも個人差があるわけだから、開始前に回数なんて、決められませんよ。それは医療機関側もよくわかっていそうですけど。やはり顧客の囲い込みをしたほうが、経営上有利なんでしょうね。でも、これだけ競争が激しくなっているんですから、都度払い制導入はビジネスチャンスかもしれないですよ。

回数契約をして通わない分

どこも回数契約制にしているのって、回数分通わないでやめる人が結構いるからかもしれないって気もします。でも、そういう口コミが広がったら、まあ、間違いなく広がるんですけど、回数契約制であるために、医療レーザー脱毛を諦める人もいるかもしれないじゃないですか。ワキとかなら別ですよ。数千円ですから、気軽に始められるでしょう。でも、高額な他の部位となると、回数契約は敷居が高いでしょうね。都度払い制が多くなれば、利用者はもっと増えそうです。

医療脱毛を新宿で受ける場合、新宿駅前には本当に多くのクリニックがあります。電車で来院する場合、駅から近いと度重なる通院でも便利です。